頭痛に効くおすすめの薬

頭痛がツライと仕事にも私生活にも支障が出てしまいますよね。頭痛がひどければ薬で痛みを緩和する事もできます。しかし頭痛に効く薬が今一つよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

頭痛に効く薬はどんなもの?

薬とは有効成分を組み合わせたものです。成分といっても多種多様であり、血液の流れを良くしてくれるものもあれば胃に優しいもの、痛みのもとを抑えてくれる働きのものなどあります。それでは具体的に頭痛に効果がある成分とは何でしょうか?

 

頭痛の時効果が期待できる成分

ここでは、頭痛の時に効果が期待できる成分を3種類ご紹介しましょう。

 

ロキソプロフェンナトリウム

頭痛のもとである「プロスタグランジン」を抑制し、痛みや腫れを抑えてくれます。解熱や鎮痛・消炎作用もバランスがよく、アスピリンよりも作用が強いです。
即効性もあり、頭痛や歯痛にも効果的です。ただし胃への負担が強いのが懸念されます。

 

イブプロフェン

頭痛の元である「プロスタグランジン」の発生を抑えてくれます。解熱・鎮痛・抗炎症作用も強いので、痛みを緩和して熱を下げてくれるでしょう。アスプリンよりも作用が強く、副作用も少ないので人気です。頭痛の他、生理痛にも効果が期待できると言われています。

 

アスピリン(アセチルサリチル酸)

頭痛薬として最も有名と言えばアスピリンが挙げられるでしょう。頭痛の中でも特に軽度〜中程度の痛みに効くと言われます。痛みのもとでもある「プロスタグランジン」が合成されるのを防ぎ、強い抗炎症作用で頭痛を和らげてくれます。血管内での血液凝固を防ぎ、血小板の働きを抑えてくれるでしょう。